デザインデータからHTMLを自動生成
SEOに最適化されたHTML
CSS3を活用した表現
大量コーディングも対応可能
HTMLコーディングを行うすべての制作者に
AUTOCODINGはデザインデータを基に、HTMLを自動で生成するエンジンです。
Photoshopデザインデータをアップロードするだけで、
HTMLとCSS、画像ファイルが出力されます。
SEOに最適化された美しいHTMLを出力します。
セマンティックコーディングを重視したHTMLですので、
その後の運用対応も柔軟に行うことができます。
CSS3を活用し、
CSSで表現できるデザイン要素を自動的に変換します。
最新のCSSでブラウザでの表現力が広がります。
AUTOCODINGはすべての
コーディング作業をコンピュータが行います。
人の手に依らないから、高速で品質も一定、大量ページのコーディングにも最適です。
時間のかかるHTMLコーディングをエンジンが行います。
空いた時間を使って、複雑なフロントエンドプログラミング、
効率的なディレクションを行い、高速且つ効果ある制作環境を実現しましょう。
Photoshopのレイヤー構造を調整し、
作成したPhotoshopデータをAUTOCODINGにアップロードすることで、
HTML、CSS、画像が自動で出力されます。
Photoshopのレイヤー構造を適切に指定することで、
難しいデザインであっても自動コーディングが可能です。
また、煩雑なHTMLコーディングの時間を大幅に短縮することができる為、
コスト削減にも繋がります。
HTMLコーディングの意味は、SEO対策にあると考えます。
AUTOCODINGでは、SEOに強いと言われているセマンティックコーディングを
意識したHTMLを出力します。
制作したサイト自体がSEOに強い仕様になっているので、
その他でSEO対策をする際も施策がしやすくなるという利点があります。
AUTOCODINGは、CSS3での出力に対応しています。
その為、幅広いデザインに対応したHTMLデータを
自動的に出力することができます。
最新のCSSだからこそ、デザイナーの創造性に富んだデザインを活かしたサイト制作が可能です。
AUTOCODINGは、デザイナーの意図した表現をブラウザ上で
忠実に再現するHTMLデータを出力致します。
大量のページを人の手でコーディングしていく場合、細心の注意を払っていても、
ミスの発生や、クオリティの担保は難しいものです。
その点、AUTOCODINGはPhotoshopデータが適切な状態で完成すれば、
あとはエンジンが自動でHTMLを出力するので、
品質やクオリティなどを均一に保った状態でコーディングができます。
大量のコーディングをする際もAUTOCODINGは利用可能です。
昨今のWEBサイトは、最新のHTML5やCSS3の導入により、
表現の幅が更に広がりました。
これにより、クオリティの高さが求められる部分にこそ、
創造性や人の手が必要不可欠となっています。
しかし、その反面HTMLコーディングの構築は煩雑な作業にカテゴライズされます。
製作者の能力を遺憾なく発揮するためにも、煩雑な作業は自動化し、
空いた時間で、コーダー、デザーナー、ディレクターの能力を、より高度な作業に当てることで、
クオリティの高いモノを制作することができます。
もっと読む