ディレクターの方へ

制作フローを加速させる

制作現場をより加速させる

AUTOCODINGを導入することで、コーダー・デザイナーの時間・スキルを
より創造性を要する人為的な作業に集中させることが可能になります。

煩雑且つ難解な知識を必要とする「HTMLコーディング」は
HTMLコーダーが担う場合もあれば、デザイナーやプログラマーが作業の片手間に行っているという現場も少なくありません。

しかし、最近のHTMLコーディングはHTML5やCSS3の登場、JavaScriptの進化により、もはやエンジニアリングと言っても過言ではないほど難易度が上がっています。とてもではありませんが、今後兼業で高品質を保つことは厳しいでしょう。

また、製作者が最高のパフォーマンスを発揮し、高品質の制作物を納品するためのディレクションは、ディレクターの役割の1つでもあります。

AUTOCODINGを活用すれば、静的HTMLコーディングの負担を軽減できます。
そして、デザインデータがあればデザイン通りに自動でHTMLを出力するので、
制作スピードの向上とコストダウンも期待できます。
煩雑な作業がなくなれば、個人のスキルをより専門的な方面で発揮させることができるため、納品物の品質向上、スキルアップにも繋がります。

制作スピードを上げ、コストの削減を実現

AUTOCODINGはHTMLコーディングを自動で行うエンジンです。
HTMLは年々複雑且つ難解に進化を遂げています。
日々その進化に伴う知識の勉強に多大な時間を費やすのは費用対効果を考えた際に非効率的と言えます。

その点、AUTOCODINGはその進化に合わせて、円滑にHTMLを出力することができます。
作業を自動化することで、コスト削減の大きな立役者となることができるツールです。