JavaScript対応ブラウザで表示してください。

コーダーの方へ

より動きの創造性を追求

最近は、スマートフォンやタブレットの普及によりWebサイトはいつでもどこからでも「正常に閲覧できる」ことが求められています。それには、静的なデザインとは異なりJavaScriptを用いた動きの表現が必要不可欠です。

しかし、WEBサイトを世に出すにはHTMLコーディングをしなければいけません。昨今では、HTML5やCSS3が主流となり、日々コーディングスキルは難解になっています。
その為、HTMLコーディングだけに気を取られているとJavaScriptなど、コーダーの創造性やスキルが必要な動的部分に当てる時間が不足するといった問題は少なからず現場で起きていると思います。

AUTOCODINGはその問題点を解決することができる自動コーディングツールです。煩雑なHTMLコーディング作業を自動で担うため、コーダーがHTMLを打ち込む必要がなくなり、作業時間の軽減が期待できます。
これによりJavaScriptのような動的表現の部分に、あなたの創造的で高度な技術力を注ぐことができるようになります。最近は、スマートフォンやタブレットの普及によりWebサイトはいつでもどこからでも「正常に閲覧できる」ことが求められています。それには、静的なデザインとは異なりJavaScriptを用いた動きの表現が必要不可欠です。

しかし、WEBサイトを世に出すにはHTMLコーディングをしなければいけません。昨今では、HTML5やCSS3が主流となり、日々コーディングスキルは難解になっています。
その為、HTMLコーディングだけに気を取られているとJavaScriptなど、コーダーの創造性やスキルが必要な動的部分に当てる時間が不足するといった問題は少なからず現場で起きていると思います。

AUTOCODINGはその問題点を解決することができる自動コーディングツールです。煩雑なHTMLコーディング作業を自動で担うため、コーダーがHTMLを打ち込む必要がなくなり、作業時間の軽減が期待できます。
これによりJavaScriptのような動的表現の部分に、あなたの創造的で高度な技術力を注ぐことができるようになります。

AUTOCODINGができること

web上での動きの部分は、Webサイトでよく利用されるjQueryをエンジンが出力(*現在開発中)します。 これによりコーダーはエンジンの出力した動きの雛形を使い、クライアントニーズに即した動きのチューニングに 専念することができます。

ブラウザの相互性の部分は、対応ブラウザ間でコーディングによる表現の違いを徹底的に調査しました。 その調査結果とデザインに応じて最適なコーディングを選択し、且つブラウザハックを埋め込み、常に正しく表示されるHTMLを出力します。

Photoshopのレイヤー名、レイヤーグループ構造を整理するだけで、自動コーディングツールのAUTOCODINGで、思いのままHTMLを構築することができます。

デザイナの想いを表現

デザイナーやクライアントの想いを理解できるのは、人間であるあなただけです。
エンジンはただのツールであり、デザインに隠された想いを理解することはできません。
エンジンはあなたの部下として指定された通りのコーディングを行います。
あなたはフロントエンドエンジニアとして、エンジンを指揮し、デザイナー、クライアント双方の想いを表現したコーディングをしてください。