JavaScript対応ブラウザで表示してください。

プログラマーの方へ

煩雑なコーディングを自動化

デザインデータから自動でHTMLコーディングをするAUTOCODINGを活用することで、HTML構築の時間を軽減することができます。

多種多様な能力が求められるプログラマーにとって、基本的な枠組みとなるHTMLコーディングは、広範の知識を求められる煩雑な作業でもあります。

また、HTML5やCSS3といった新規格の登場により、フロントエンドレベルでの表現能力は格段に向上しており、システム開発の分野でもフロントエンドとバックエンドという形で、専門分野が分かれつつあります。

今後も更なる変化が予想されるため、先手を打つという意味でもAUTOCODINGを導入し、HTMLコーディングを自動化にしませんか?

自動でHTMLをコーディングすることができれば、プログラマーとして機械では対応できないプログラムの構築などに大幅な時間を当てることができるようになります。

あなた自身のスキルを難解になりつつあるプログラミング分野に集中させることで品質の向上、コスト削減に繋げることができるでしょう。

システムに組み込みやすいHTML

AUTOCODINGはデザインデータを自動的にHTMLに置換するツールです。
psdデータのレイヤーを所定のタグで設定・デザインしていきます。

完成したデザインデータをAUTOCODINGで自動生成すると、HTML、CSS、画像が組み込まれたHTMLデータが出力されます。
これをFTPなどでアップロードすればWEB上で閲覧が可能になります。

複雑なHTMLコーディングを自動変換ツールのAUTOCODINGに任せれば、プログラマーの時間を、より高度で創造的なロジックの実装に費やすことができます。